ハケンの会社 株式会社シーアイコム 大阪府を中心とした人材派遣
お仕事のお探しの個人皆様 サービス活用をお考えの企業の方へ 会社情報
新着求人情報
派遣の仕組み
派遣で働くメリット
派遣の関係・QA集
プロフィール登録
登録内容の変更
相談窓口
スタッフインタビュー
人材派遣・アウトソーシング
依頼の流れ
取り扱い業種
営業の派遣
高齢者の派遣
派遣オーダーフォーム
経営相談室
会社概要
企業理念・社名の由来とロゴマーク
社長挨拶
会社沿革
採用情報
お問い合わせ・資料請求

営業の派遣
営業の派遣
社長・営業部長・総務部長の皆様必見です!!
派遣社員は補助戦力だと思っていませんか??
もし、派遣の営業マンが正社員よりも売上があれば、御社はどう思われますか?

営業派遣の時代背景
近年、法改正(1999年 派遣法改正)より営業の派遣が可能になりました。『営業マンこそ会社の顔なので正社員を使うべきだ』と考える企業様がまだ多いかもしれませんが、そういう企業様はインターネット回線や会社に備え付けの置き薬などを派遣の営業マンから買っている事実を存じないのではないでしょうか?

最近では派遣社員を使っていない企業は珍しく、派遣労働力は常識になってきています。補助戦力はいつのまにか必要不可欠の戦力になり、当社のご提案する『営業派遣』もまた、すべてのビジネスモデルにしっかり取り込まれるようになりました。

この派遣人材の一般化は、ビジネスの仕組みを変化させるもう一つの大きな要因になっています。企業様がこの要因から目をそらしているうちに、うまく活用している同業他社に負けてしまいます。


営業派遣の導入背景
派遣営業マンは必要です。なぜなら、御社はこれまで堅実に商いをして来られたと思います。

大きな取引をしてくれる顧客もあれば小さな取引の顧客もいます。また、いまも活発に取引している顧客もいれば、2,3年前から疎遠になっている顧客もいます。売上至上主義により、正社員の営業マンは大型案件に時間を割きがちになり、なかなか取引金額の小さな顧客や取引が休眠状態にある顧客を訪問する時間がありません。


メリット
営業派遣を導入するメリットは大きく分けて2つあります。
 一つ目は、単純に正社員と派遣社員を競い合わせて売上の向上を図ること。
 もう一つは、正社員では取りにいけない顧客を開拓させることです。

正社員を増やして取引の小さな顧客と休眠中の顧客を掘り起こす方法もありますが、小さな取引は売上が上がりにくいので、人件費など費用対効果は悪くなり、正社員を使うには抵抗があります。派遣営業マンなら、小口の顧客でも、休眠状態の顧客でも、経費に見合った営業活動が出来るので、起こせるものを起こすことが出来ます。このような場合、派遣営業マンは、もってこいの労働力と言えます。


デメリット
これは一見完璧に見える利用方法ですが、心配もあります。 派遣社員はすぐいなくなります。顧客と会って話した内容や顧客の反応などの状況が、企業には全く見えないので不安です。

 しかし、当社のハケンシステムは、ほとんどが常用型派遣です。
当社の場合は、派遣社員のほとんどが当社の正社員として雇用したベテラン且つ優秀な正規雇用社員を、各企業に派遣いたしております。当社の営業ハケンのビジネスの仕組みは、 派遣営業マンに対して十分な説明を行い、必要に応じて教育とトレーニングも行います。話すべき内容、聞くべき内容、競合他社の動きの調査、注意すべき点などを当社と御社の教育担当者のお力をお借りし、派遣営業マンに存分に活躍していただきます。


経過から実績向上
もちろん、売れる派遣営業マンと売れない派遣営業マンのパターンも生まれるや知れませんが、営業報告書を比較をすれば、うまくいっていない派遣営業マンにどのプロセスが足りないかが一目瞭然です。報告書を通じて足りない部分を明確に指導することができれば、プロセスの改善が早くなります。


営業派遣導入後のメリット
派遣営業マンは、正社員の営業マンより一般的にモチベーションが高い傾向にあります。現に同じ条件下で営業を行うと派遣の営業マンの売り上げが、正社員の平均よりも高いケースが多いのも事実です。
なぜなら、派遣営業マンは正社員の営業マンより 実績と結果を求めらる環境にあるからです。しかし、営業派遣を導入する本当のメリットは単なる売上の向上ではありません。


営業派遣を導入する本当のメリット
「カマス社員」という言葉があります。カマスというのは、小魚を食べる習性がある海の魚です。この魚を使って、米国コロンビア大学で行なわれた心理学のある有名な実験をご紹介します。

カマスと小魚を同じ水槽に入れます。このときカマスと小魚を透明のガラスで仕切るのです。カマスは見えている小魚を食べようとしますが、当然ガラスにぶつかってしまいます。何度か試みますが、そのうちに食べることができないと諦めるのです。
いったん諦めてしまうと、驚くことにガラスの仕切りをはずしてもカマスは餓死するまで小魚を食べようとしません。「食べることができない」という固定観念ができてしまうわけです。

これを会社に置き換えると、カマスは現状維持社員であり、すでに退歩が始まっています。次に仕切りをはずしてある水槽に、別の新しいカマスを入れます。これが派遣営業マンです。このカマスには固定観念がありませんから、すぐに小魚を追いかけ始めます。すると、餓死寸前で諦めていたカマスも小魚が食べられることに気づき、一緒になって小魚を追いかけ回すようになるというのです。新しいカマスは、先入観や固定観念にとらわれない前向きで意欲的な派遣営業マンということになります。

「新しいカマス(派遣営業マン)」を入れることにより、マンネリ化した正社員のモチベーションは必ず向上します。
これが、営業派遣を導入する本当のメリットなのです。


当社では、社員全員が「新しいカマス」になるようお手伝いをさせて頂きます。
企業は時として、今までやってきたことを見直し、社員全員が「新しいカマス」になって前進・向上していかねばならないときがあります。生き延びるとはどういうことか、生き延びる企業とはどういう企業か。それには発想を変え、「新」を導入し、未知の道を切り開いていくことが求められます。新しい発想から生まれた商品やサービスを、社会に提供し続けている企業こそが生き残っているのです。
そのためにはまず、企業自身が攻めの姿勢を本気で打ち出していかなければなりません。

TOP 会社概要 個人情報保護方針 お問い合わせ・資料請求 免責事項
Copyright(C) since 2007 株式会社シーアイコム co., Ltd. All rights reserved